トップ > 三重 > 10月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

台風影響?季節外れの桜咲く 四日市

季節外れの開花した桜=四日市市の海蔵川周辺で

写真

 桜の名所の一つ四日市市の海蔵川両岸で、一部のソメイヨシノが、ちらほらと花を咲かせている。県内に接近した秋台風の影響などが考えられるという。

 永田洋・三重大名誉教授(林学)によると、ソメイヨシノのつぼみは九月ごろにできあがり、その後、春に咲くまで「冬休眠」に入る。日の長さを葉が感じ取り、つぼみに「休眠物質」を送ることで、つぼみが休眠状態になるメカニズムだが、葉がなくなると、その物質が送られなくなり、暖かさと相まって咲くことがあるという。

 九月末には台風24号が接近し、市内は暴風雨となった。永田名誉教授は「台風で葉が落ちることはよくある。葉が落ちたことで、眠っていたつぼみが起きてしまったのでは」と説明した。

 (梅田歳晴)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索