トップ > 三重 > 9月15日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

ブロック塀、伊賀の9小学校で不適合 市教委、1カ月公表せず

 伊賀市教委は十四日、市内の九小学校で、建築基準法に適合しないブロック塀が見つかったと発表した。八月十七日に調査を委託した専門業者から報告を受けていたが、「緊急性がない」などとして一カ月近く公表しなかった。各校には、ブロック塀周辺を立ち入り禁止にするよう指示を出している。

 市教委によると、ブロック塀はいずれもプール内にあり、多くはシャワーが取り付けられていた。大半がモルタルなどで固めてあったため、ブロック塀と認識していなかった。調査をした業者からは「ゆがみや大きな亀裂はない」との報告があったという。

 市教委は大阪北部地震を受け、六月十八日に目視で調査をするよう各学校に指示。その結果、同二十日に「違反しているブロック塀はない」と県に報告した。

 文部科学省から詳細な調査を求められたため、七〜八月、専門業者に基準に適合しない可能性がある小中学校十三校の調査を委託した。

 公表が一カ月近く遅れたことについて、笹原秀夫教育長は取材に「業者からの最終報告が出てからでよいと考えていた」と話した。市教委は今後、ブロック塀撤去に向けた予算を計上する方針。

 (飯盛結衣)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索