トップ > 三重 > 9月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

伊賀くノ一、横浜に3−1 なでしこリーグ二部

決勝点を決めたMF杉田選手(中)=東員町北大社で

写真

 女子サッカーなでしこリーグ二部の伊賀FCくノ一(伊賀市)は九日、東員町スポーツ公園陸上競技場でニッパツ横浜FCシーガルズ(横浜市)と対戦し3−1で勝った。くノ一は二位に勝ち点差10の首位を保った。

 くノ一は前半21分、キャプテンのMF杉田亜未選手を起点にFW小川志保選手、FW竹島加奈子選手とつなぎ、MF森仁美選手のシュートで先制。2分後に追いつかれるも、44分に杉田選手がPKで決勝点を奪う。後半18分にはDF宮迫たまみ選手の追加点で突き放した。

 大嶽直人監督は「立ち上がりから相手の攻撃をはね返し我慢強く戦えた。チームの出来栄えは前節より良く、試合ごとに成長を感じる」とコメントした。

 試合に先立ち、くノ一は県人権啓発活動ネットワーク協議会と、小学生向けのサッカーと人権の教室をそれぞれ開いた。サッカーを通じ、チームワークの大切さを学んでもらうのが狙い。選手らはいじめ防止を呼び掛けた。

 次節は十六日午後一時から、アウェーの鴨川市陸上競技場(千葉県)でオルカ鴨川FCと対戦する。

 (日暮大輔)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索