トップ > 三重 > 9月9日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

ホーム最終戦飾れず FC伊勢志摩

ボールを奪い合う選手ら=伊勢市朝熊町の伊勢フットボールヴィレッジで

写真

 東海社会人サッカーリーグ一部のFC伊勢志摩(志摩市)は八日、伊勢市朝熊町の伊勢フットボールヴィレッジでの今季ホーム最終戦で、1−3でFC刈谷(愛知県刈谷市)に敗れた。

 ホーム最終戦は雨の中で行われ、雷による一時中断もあった。チームは相手に先制を許したが、前半30分、FW飯嶋隼人選手のゴールで追いついた。後半戦も果敢に攻めたが、相手に2点を奪われ、引き離された。

 会場には、過去最多の千百三人のファンが応援に訪れた。金守智哉監督は「きょうは悔しい結果になったが、残りの試合、来季また来てもらえるような良い試合をしたい」と話した。

 チームは五勝一分け六敗。残りの二試合はアウェー開催となる。

 (青木ひかり)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索