トップ > 三重 > 9月5日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

早くも「2019年手帳&カレンダー展」 津、気分は来年へ

おすすめのカレンダーを持つ奥田店長=津市東丸之内の文具店ミフジで

写真

 今年もまだ四カ月弱ありますが−。津市東丸之内の文具店ミフジで早くも、「二〇一九年手帳&カレンダー展」が始まった。十二月三十一日まで開催している。真新しい手帳を選びながら、来年に向けていろいろと目標や願いを考えてみては。 

 ミフジでは来店客にじっくり選んでもらおうと、毎年この時期から翌年用の手帳やカレンダーを提供する。今年も店内には定番の日めくりや写真を活用するなどさまざまな趣向を凝らしたカレンダー三百種類、えとのイノシシをデザインした目を引くものなど手帳二百六十種類が並んでいる。発売のピークとなる十月上旬には、カレンダー四百種類、手帳四百六十種類に増える予定だ。

 近年の売れ筋の手帳は「家族手帳」。主婦向けの家計簿と一体化した手帳や、家族全員のスケジュールをそれぞれ書き込める手帳が人気だという。また、薄くてもインクが透けにくい紙を使った商品など、メーカー各社の工夫を凝らした製品を販売している。

 一方、カレンダーのトレンドは「猫」。十年ほど前までは犬の写真を使ったカレンダーが流行していたが、ここ数年で猫の人気が逆転。今年も猫をとりあげたカレンダーが店頭に多く並んでいる。

 ミフジの奥田時生店長(57)は「まだ暑いのにもう来年の話かと思うかもしれないが、この時期並んでいる手帳やカレンダーはカラフルで、見るだけでも楽しい。ぜひ遊びに来てほしい」と話している。

 十月十六日までは火曜日定休。十月十七日以降は年内無休。

 (上井啓太郎)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索