トップ > 三重 > 9月5日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

同僚の金を盗んだ疑いで3等陸曹を懲戒免職 陸自久居駐屯地

 陸上自衛隊久居駐屯地(津市)は四日、同僚の財布から一万円を盗んだとして、第三三普通科連隊の男性三等陸曹(32)を懲戒免職とした。

 駐屯地によると、三等陸曹は昨年四月二十六日、無施錠の同僚隊員の机に保管されていた財布から一万円を抜き取った。被害者が久居駐屯地警務隊に被害届を出し、捜査で三等陸曹が盗んだ疑いが分かった。調べに「遊興費がほしかった」と話したという。

 三等陸曹は昨年七月に書類送検され、起訴猶予になったという。能勢竜一郎連隊長は「このような事案が起きて誠に遺憾。自衛官としての心構えに関する指導を徹底する所存である」とコメントした。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索