トップ > 三重 > 9月3日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

後半戦、白星スタート サッカー、くノ一首位キープ

2得点を決めたMF森選手=鳥取市のとりぎんバードスタジアムで(伊賀FCくノ一提供)

写真

 女子サッカーのなでしこリーグ二部が再開し、伊賀FCくノ一(伊賀市)は第十節の二日、鳥取市のとりぎんバードスタジアムで岡山湯郷Belle(岡山県)と対戦し、3−1で勝利して十チーム中首位を保ち、一部昇格へ向けて幸先のよい後半戦スタートを切った。

 前半を0−0で折り返したくノ一は、後半7分に失点するも、直後に今季から加入したMF森仁美選手が浮き球を頭で合わせて同点。同27分にはキャプテンのMF杉田亜未選手がPKを決め逆転、ロスタイムには森選手が左足でこの試合2点目を蹴り込んだ。

 大嶽直人監督は「相手もセカンドボール奪取で攻め込んできたが、そこを踏ん張り集中して辛抱強く戦ってくれた」と選手をねぎらい、課題として「もう少し裏へのアクションがあれば前半からゲームの主導権を奪えた」とコメントした。

 次節は九日午後二時から、東員町スポーツ公園陸上競技場でニッパツ横浜FCシーガルズ(横浜市)と対戦する。

 (飯盛結衣)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索