トップ > 三重 > 8月25日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

夫婦岩の大しめ縄、またも切れる 伊勢

二つの岩をつなぐ大しめ縄が切れた夫婦岩=伊勢市二見町江で

写真

 台風20号の風雨や高波によって、伊勢市二見町江の観光名所「夫婦岩(めおといわ)」に架かっていた大しめ縄が切れた。24日朝、岩を管理する二見興玉(おきたま)神社の職員が見つけた。

 今年5月5日に張り替えられた大しめ縄。直径10センチの縄5本をより合わせたもので、夫婦岩の男岩(おいわ)と女岩(めいわ)に架けられていた。7月の台風12号の際に1本、8月23日の日中にも1本が切れており、同日夜から24日朝にかけて残り3本が切れて流失したとみられる。二見興玉神社は25日にも新しい大しめ縄を張る予定。伊勢市で住宅の床上浸水が400軒に達した昨年10月の台風21号でも切れており、数年に一度は流失している。

 (大島康介)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索