トップ > 三重 > 7月20日の記事一覧

ここから本文

三重

写真

 県内十二市町が参加し、可燃ごみを燃料にして発電するRDF発電事業は、二〇二〇年度末の予定だった事業終了を一九年九月までと一年半前倒しすることが十九日決まった。「生ごみが燃料になる」と銘打った事業は、非効率な発電で県と参加市町に数十億円の余分な負担をもたらし…(7月20日) 記事全文へ

[写真]

建屋内でRDFを燃焼させる設備=桑名市多度町の三重ごみ固形燃料発電所

 
写真
[写真]

首や脇に巻く三日月形の冷却剤をPRする社員=松阪市の三重化学工業で

写真
[写真]

操作技術を高めるため、8月から始める搭乗体験会で使うはしご車=鈴鹿市中央消防署で

 
写真
[写真]

氷の餌をかじるウマグマのシュウ=大紀町の大内山動物園で

 
 

新聞購読のご案内

PR情報

地域特集

みえびとの肖像
 県内に暮らす個性的な人や頑張っている人に光を当てて、写真グラフで紹介するコーナーです。担当は本紙三重総局カメラマンの大橋脩人(しゅうと)。趣味の登山と一人旅で鍛えたフットワークで街や山、時には海の中まで取材に行き、皆さんの笑顔を撮っていきます。
 
エコノみえ 試練のとき
 厳しい競争にさらされる企業活動の中で、経営者は難題と格闘しながら飛躍への活路を開いてきた。三重を代表する企業トップの「試練のとき」はいつ、どのようなものだったのか。証言をもとに、隔週の連載で再現していく。
 

日付別記事一覧

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索