トップ > 三重 > 6月21日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

JR名松線に落石、最大2時間遅れる 井関−伊勢大井間

 二十日午後三時三十五分ごろ、津市一志町のJR名松線の井関−伊勢大井間で、下り普通列車が線路付近にあった岩に衝突し、停車した。JR東海によると、山からの落石とみられ、縦七十センチ、横六十センチ、奥行き四十センチほどあり、線路沿いの金網フェンスに突き破った跡があった。

 列車は約一時間四十五分後に運転を再開したが、松阪−家城間で上下各一本が運休になり、二本で最大二時間七分の遅れが出て、約百六十人に影響した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索