トップ > 三重 > 4月5日の記事一覧

ここから本文

三重

写真

 熊野灘を望む尾鷲市梶賀町で、小魚をいぶして薫製にする「あぶり」作りが始まり、漁師町に香ばしい香りが広がっている。 あぶりは、頭と内臓を取り除いた小サバやアジに塩を振り、桜の木を燃やした煙でいぶす郷土食。程よい塩加減で、尾ひれまで丸ごと食べられる。(4月5日) 記事全文へ

[写真]

串に刺した小サバをいぶして作られる「あぶり」=尾鷲市梶賀町で

 
写真
[写真]

ボッチャの用具セットを贈る中野さん(左から2人目)らRCメンバーと森下さん(同3人目)=鳥羽市保健センターひだまりで

写真
[写真]

完成した道の駅の外観=熊野市紀和町板屋で

 
写真
[写真]

オオサンショウウオのぼーちゃん=名張市安部田で

 
 

新聞購読のご案内

PR情報

地域特集

みえびとの肖像
 県内に暮らす個性的な人や頑張っている人に光を当てて、写真グラフで紹介するコーナーです。担当は本紙三重総局カメラマンの大橋脩人(しゅうと)。趣味の登山と一人旅で鍛えたフットワークで街や山、時には海の中まで取材に行き、皆さんの笑顔を撮っていきます。
 
エコノみえ 試練のとき
 厳しい競争にさらされる企業活動の中で、経営者は難題と格闘しながら飛躍への活路を開いてきた。三重を代表する企業トップの「試練のとき」はいつ、どのようなものだったのか。証言をもとに、隔週の連載で再現していく。
 

日付別記事一覧

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索