トップ > 三重 > 2月10日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

ほめてやる気引き出す 伊勢の自動車学校がノウハウ本

5年間のノウハウをまとめた本=伊勢市小俣町の南部自動車学校で

写真

 南部自動車学校(伊勢市小俣町)のノウハウをまとめた本「『ほめちぎる教習所』のやる気の育て方」(KADOKAWA発行)が注目を集めている。「厳しい、叱られる場所」という教習所のイメージを覆し、ほめる指導で生徒のやる気を引き出すことを推奨する内容。著者で同校代表の加藤光一さん(55)は「社員や子ども、いろんな人を育てる参考にしてほしい」と語る。

 同校も、かつては怖いというイメージがあった。加藤さんは「間違えると命に関わるため、厳しくしてしまう」と指導員の心の内を代弁する。

 ほめてやる気を引きだそうと考えたのは、若者の免許取得への意欲が下がってきたことが理由だ。叱られることに慣れていない人が増え、泣きだす人や教習に通うのをやめる人も出てきた。

 当初は指導員らの間で、ほめる指導に反対の声もあったが、合格率の上昇や卒業生の事故率半減など良い結果が出ている。

 「おべんちゃらではなく、できる所をほめ、できないことに助言することが大切」と加藤さん。相手の良い点を探すようになり、職場の雰囲気も改善した。「うちの子はかつて通っていた教習所で心が折れてしまったが、大丈夫でしょうか」と同校に相談してくる保護者もいる。

 ほめる指導が全国に広まるよう活動するとともに、「ほめちぎる教習所」を商標登録して指導の質の維持にも努める。従業員全員がほめる力を試す「ほめ達検定三級」(一般社団法人日本ほめる達人協会=大阪市)を受けるなどの基準を設定。クリアした七校が現在、全国各地で看板を掲げる。

 「ほめる効果は他業界でも発揮されるはず」と、ほめ方を本にまとめた。今後は「ほめて伸ばす」を研究し、指導の充実を目指す。

 四六判、二百二十四ページ。千三百円(税別)。

 (青木ひかり)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索