トップ > 三重 > 1月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

記念事業、2月開始 松浦武四郎生誕200年

記念事業をPRする小林寿一・実行委員長(左)ら=松阪市役所で

写真

 松阪市出身の探検家で、北海道の名付け親としてアイヌ民族と親交を深めた松浦武四郎(一八一八〜八八年)の生誕二百年記念事業が二月に始まる。武四郎の魅力を紹介するオープニングイベントや、武四郎の実家の公開などがある。

 オープニングは二十四日午後一時半から、松阪市川井町の農業屋コミュニティ文化センターで開催。俳優宇梶剛士さんが、アイヌ民族として文化伝承に取り組む北海道出身の母、静江さんと「武四郎の道は未来へとつづく」をテーマに対談する。民族共生を目指した武四郎の魅力を語る。

 アイヌ民族による舞踊の披露や、市民劇団「劇団松阪ドラマシティ」による武四郎の劇の上演もある。

 翌二十五日からは、武四郎が幼少期を過ごした実家、武四郎誕生地(同市小野江町)が初めて公開される。同日には武四郎記念館(同町)で恒例の「武四郎まつり」がある。館内を終日無料公開するほか、小学生の学習発表がある。

 記念事業は二月から来年二月までの一年間。武四郎が探索した大台ケ原(大台町)のバスツアーや武四郎が身に着けた首飾りのレプリカ作製などを予定している。また、記念事業の実行委員会はPRキャラクター「たけちゃん」を描いた三十センチ大のステッカー購入(千円)による協賛を募っている。(問)記念館=0598(56)6847

 (作山哲平)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索