トップ > 三重 > 11月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

規定違反解消「安堵」 越境入学容認へ知事

 スポーツ強豪県立高校の越境入学問題で、県教委が県外からの受験を容認する見通しとなったことについて、鈴木英敬知事は十日の定例会見で「大人がルール違反を放置していた状態が解消することに安堵(あんど)している」と述べた。

 鈴木知事は越境入学を「学校外の生活の安全を確保する責任体制が十分でなかった」と改めて批判。県立高は県民の税金で運営されており、県内生徒に限ってきた原則が変わることに「県民の利益になる学習環境が大前提。県外から受け入れることが学校の魅力向上につながるという議論をいただいた」と評価した。

 小規模校も越境を認める方針になったことを問われ「県外から来たいと思ってもらうためどう魅力ある学校にするか、学校が地域と考えることが重要だ」と話した。

 (森耕一)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索