トップ > 三重 > 11月2日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

山に彩り 青に映え 御在所岳で紅葉見頃

見頃を迎え、鮮やかに色づき岩壁を彩る紅葉=菰野町の御在所岳で

写真

 菰野町の御在所岳(一、二一二メートル)で紅葉が見頃を迎えている。秋晴れの空の下、眼下に広がる彩り豊かな風景が登山者やロープウエー利用者の目を楽しませている。

 同地域は九月下旬から二度にわたって台風の風雨に見舞われた。山頂付近では多くの葉が飛ばされたが、切り立った岩壁に囲まれ落葉をまぬがれた七合目付近(約千メートル)ではツツジやミズナラが鮮やかな赤や黄に色づいている。

 歩いて山頂を目指した愛知県常滑市の村上翔子さん(32)は「見上げても見下ろしても一面カラフルでとてもきれい」と登山の疲れを癒やした。ロープウエー運営会社「御在所ロープウエイ」によると、紅葉は少しずつ山を下り、十一月下旬ごろ、ふもとの湯の山温泉街で見頃を迎える。

 (大橋脩人)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索