トップ > 三重 > 10月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

県内の23蔵一堂 四日市で15日「大酒蔵市」 

「三重の大酒蔵市」をPRする実行委のメンバー=四日市市諏訪栄町で

写真

 県内二十三の酒蔵の日本酒が味わえるイベント「三重の大酒蔵市」が十五日、近鉄四日市駅近くの商店街で開かれる。地元の飲食十六店もブースを出し、県ゆかりの料理を提供する。

 開催は午前十時半〜午後四時。四日市や伊賀、名張各市の酒蔵がブースを並べ、酒一〜三種を提供する。飲食店は県産の焼きがきや貝、伊勢うどんを用意する。

 商店街の受け付けブースで十枚つづりのチケットを購入し、うち一枚をおちょこ(九十ミリリットル)一個と交換する。酒や料理は商品に応じて一〜三枚と引き換える。一部には十枚必要な品もある。

 昨年までのイベントで使ったおちょこを持参すると、チケットとの交換は不要になる。チケットはいずれも税込みで前売り三千円、当日三千五百円。前売りは四日市観光協会で購入できる。

 イベントは飲食店や酒販店でつくる実行委が開催し、三回目となる。実行委のメンバーは「他県と比べ県民は地酒の消費量が少ないと言われる。飲み比べてもらい、良さを伝えたい」と話す。(問)四日市観光協会=059(357)0381

 (大西里奈)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索