トップ > 三重 > 10月8日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

気軽に健康診断を 紀北町が11月に検診

がん関連書籍などを並べた特設コーナー=紀北町の紀伊長島図書室で

写真

 がん検診を含めた各種の検査が一度に受けられる試みとして、紀北町は「みんなでいこか!総合けんしん」を十一月十五日に海山公民館、十九日に東長島公民館で開く。今回は、敬遠されがちながん検診の受診を重点的に呼び掛けており、町民対象に予約を受け付けている。

 二〇一四年度から続く総合健診事業。本年度は七月と十一月に計五日間開き、血液検査や血圧測定などのほか、がん検診の多くが無料で受けられる。五百〜千円ほどの自己負担が必要な検診もある。

 がん対象の検査は受診率が低く、同町の胃がん検診の受診率は5・3%(昨年度)。他自治体と同様、国が定める目標受診率(胃がん、肺がん、大腸がんが40%、乳がん、子宮頸(けい)がんが50%)に遠く及ばないのが現状だ。

 十月は国が定める「がん検診受診率50%達成に向けた集中キャンペーン」期間。担当者は「がんは早期発見すれば治ることが多い。若いうちから検診を受ける必要性をもっと啓発していきたい」と話している。

 キャンペーンに合わせ、町内の紀伊長島図書室や海山図書室では、月末まで特設コーナーに関連書籍やチラシなどを置いている。(問)町福祉保健課=0597(46)3122

 (長崎高大)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索