トップ > 三重 > 10月7日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

サーバルキャット雄雌仲よし 大内山動物園

長い耳とヒョウ柄の体が特徴のサーバルキャット=大紀町の大内山動物園で

写真

 ヒョウに似た体表の柄に長い耳を持つサーバルキャットの雄と雌それぞれ一頭ずつが、大紀町の大内山動物園の仲間入りをした。

 アフリカのサハラ砂漠以南原産で、中型のネコ科の肉食動物。アニメ「けものフレンズ」の主要キャラクターとして登場していることもあり、近年人気が高まっているという。

 二頭ともに年齢は不明だが、若い成獣と見られる。担当飼育員は「人懐っこい性格で、雄と雌もよくじゃれあっていて仲がいい」と話している。

 (長崎高大)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索