トップ > 三重 > 10月6日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

坂選手が重量挙げ準V えひめ国体

成年男子62キロ級スナッチで2位の坂選手=愛媛県の新居浜市市民文化センターで

写真

 第七十二回国民体育大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」で県勢は五日、重量挙げ成年男子62キロ級で坂典泰選手(杉の子特別支援学校石薬師分校)がスナッチ、ジャークともに二位となりトータルで準優勝した。同53キロ級では兼元秀寿選手(ヤナセメディケアグループ)がトータルで四位入賞した。

 ラグビー七人制女子ではPEARLS(パールズ)が、昨年に続き五位入賞を果たした。

 馬術の成年男子ダービーで中村勇選手(北勢ライディングファーム)が七位に入賞。成年女子二段階障害飛越で水谷亜紀選手(ベルホースファーム)が六位入賞した。

◆「全部出し切れた」

 バーベルを下ろした後、感謝のガッツポーズを繰り出した。重量挙げ成年男子62キロ級で、トータルで準優勝を飾った坂典泰選手(29)=杉の子特別支援学校石薬師分校=は「全部出し切れた」とほっとした様子だった。

 スナッチ、ジャークともに全ての重量を一度も失敗することなく挙げきり、五年前に出したトータル自己ベスト271キロを一キロ更新した。筋力や瞬発力は年々落ちているが、経験と「結果を出して絶対に恩返しする」という強い気持ちで進化を続ける。

 昨年、高校の講師から教諭になり、二人目の子どもも生まれた。「合宿や試合のときには職場や家族に本当に迷惑を掛けてきた」と感謝の言葉を述べた。

 「いつ代表になれなくなるか分からない。でも、三重とこわか国体では子どもを抱いて表彰台に上がりたい」。二十九歳のベテランは周りの支えを糧に四年後も表彰台を狙う。

 (須江政仁)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索