トップ > 三重 > 10月5日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

F1マシン、続々到着 鈴鹿、日本GPへ調整

到着したF1マシンの組み立て調整に当たるスタッフ=鈴鹿市の鈴鹿サーキットで

写真

 自動車レースの最高峰「F1日本グランプリ」を控え、鈴鹿市の鈴鹿サーキットには四日、F1マシンが続々と集結し、チームはマシンの組み立てや調整に追われた。

 今年は十チームが世界を転戦しており鈴鹿は第十六戦。ホンダがエンジンを供給するマクラーレンホンダのピットでは、整備士らがエンジンやサスペンションなどの調整に余念がなかった。

 今年から規格が変更されてタイヤが太くなり車高が制限された。新規格での走りや、ルイス・ハミルトン選手とセバスチャン・ベッテル選手のチャンピオン争いにも注目が集まる。

 五日から関連行事が始まり、六日のテスト走行をへて、七日に予選と前夜祭が開かれる。決勝は八日午後二時から。九日までの期間中、F1参戦四十周年のウイリアムズの歴代マシン展示やデモ走行、F1ドライバーや佐藤琢磨選手のトークショーのほか、ファストフードの味を競うFF1グランプリなどの催しもある。

 (河北直行)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索