トップ > 三重 > 10月3日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

サミット記念館入館者が10万人突破

10万人目の来館者となった寺嶋さん(左)=志摩市阿児町のサミット記念館「サミエール」で

写真

 志摩市の近鉄賢島駅二階にオープンした伊勢志摩サミット記念館「サミエール」の入館者数が二日、十万人を突破した。開館百三十日で達成した。

 十万人目は、家族と訪れた伊賀市桐ケ丘の寺嶋由紀子さん(50)。認定書と記念品を受け取り、「驚いたが、旅の記念になりました」と話した。

 サミエールはサミット開催一周年を記念して、今年五月に開館。二〇〇八年の北海道洞爺湖サミット記念館の初年度の入館者数二万二千二百七十九人を目標としていたが、六月に突破。七月には五万人を超えた。記念館を管理する市の担当者は「今度は、年間二十万人を目標にしたい」と話した。

 (安永陽祐)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索