トップ > 三重 > 10月2日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

息が合った演技披露 松阪で小中高生がミュージカル

8人の団員たちが演じた第1回公演=松阪市産業振興センターで

写真

 松阪市内外の女子小中高校生でつくる「劇団ミュージカルBeOne Lab.(ビーワンラボ)」の第一回公演が一日、同市本町の市産業振興センターで開かれ、二公演に二百五十人が来場した。

 団員は松阪市、明和町の小学三年〜高校一年生八人。ミュージカル好きの中学、高校生が聴覚障害者に向けて、小学生と手話を学び、手話劇の公演を成功させるストーリー。

 団員たちは白を基調とした衣装で、息の合った歌や演技を披露し、来場者から盛大な拍手が送られた。

 団員の松阪市飯高中二年の石神玲奈さん(14)は「緊張した。お客さんの反応が伝わってきて、とてもうれしかった」と話した。

 (作山哲平)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索