トップ > 三重 > 10月1日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

三重が4年ぶり優勝 秋季東海高校野球県大会

優勝を決め喜びを爆発させる三重ナイン=四日市市営霞ケ浦球場で

写真

 第七十回秋季東海地区高校野球県大会は三十日、四日市市営霞ケ浦球場で決勝があり、三重がいなべ総合に8−7でサヨナラ勝ちし、四年ぶり十九回目の優勝を決めた。三位決定戦では松阪商が四日市工に競り勝った。

 三重といなべ総合、松阪商の三校は十月二十一日から愛知県の岡崎市民球場と刈谷球場で開幕する東海大会に出場する。東海大会の結果は、来春の選抜大会出場校を決める判断材料となる。

◆いなべ総合、15安打も6失策が響く

 三重がシーソーゲームを制し、延長でいなべ総合にサヨナラ勝ちした。

 三重は2点を追う九回、1死満塁から梶田の右前適時打に敵失が絡み、同点に追い付いた。十一回1死二塁から再び梶田が左前打を放ち、敵失も重なって試合を決めた。

 いなべ総合は15安打を放ったが、6失策と精彩を欠いた。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索