トップ > 三重 > 9月29日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

青いモクズガニ見たことある? 鳥羽水族館で公開

展示されている青色のモクズガニ=鳥羽市鳥羽の鳥羽水族館で(鳥羽水族館提供)

写真

 鳥羽水族館(鳥羽市)は二十八日、鮮やかな青色のモクズガニの展示を始めた。通常は暗緑褐色だが、同館は「今まで見たことがない。色素異常や遺伝子関係の異変と考えられる」としている。

 同館によると、モクズガニは甲羅が縦四八ミリ、横五三ミリで、体重約百二十グラムの雄。津市森町の川本進一さん(74)が二十日、地元の雲出川支流に仕掛けた網で捕獲した。「カニを三十年捕っているが初めて。食用のつもりが食べる気になれなかった」と話したという。

 青いモクズガニは、普通の色の個体とともに「へんな生きもの研究所」コーナーで紹介している。

 高級食材として知られるモクズガニは全国の河川に生息し、ロシアや中国などにも分布。産卵のため九〜十月は海に移動する。

 (西山和宏)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索