トップ > 三重 > 9月27日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

ふるさと納税、返礼品に棒グルメ 尾鷲市と紀北町が採用

返礼品として使われている棒グルメ

写真

 地元食材を棒状や串刺しにした一品で人気を競う「東紀州棒対決グランプリ」を十月十五日に控え、尾鷲市と紀北町は今月初めから、両市町で扱う“棒グルメ”の詰め合わせをふるさと納税の返礼品として採用している。

 地域おこし協力隊の柴田長利さん(29)=尾鷲市=と中村隼人さん(28)=紀北町=の発案で実現した両市町の連携企画。二人は、それぞれふるさと納税関連の支援業務を担当する中、隣接市町の協力隊として交流が深まり、七月ごろから構想を膨らませたという。柴田さんは「普段は市内、町内でしか食べられない商品。ふるさと納税を利用して遠方の方にも味わってもらいたい」と地域の魅力発信に期待を示している。

 期間は十月末まで。一万円以上の寄付者が対象で、マグロやカツオなどの特産品を使った棒グルメの詰め合わせを、両市町ともに二種類の中から選べる。(問)尾鷲観光物産協会=0597(23)8261、紀北町財政課=0597(46)3112

 (長崎高大)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

選挙関連の記事は

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索