トップ > 三重 > 7月16日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

甘〜いナシたくさん 雲出川流域で収穫始まる

直売が始まった取れたてのナシ=津市雲出長常町で

写真

 ナシの栽培が盛んな津市南部の雲出川流域で十五日、促成栽培した品種の収穫が始まった。同市雲出長常町、奥田梨香園の直売所には取れたてが並び、朝から待ちわびた常連客らが買い求めた。

 初日の即売には、二月からハウス内を暖めて育ててきた「あきあかり」「なつしずく」「幸水」の三品種が並んだ。あきあかりは比較的新しい品種で、糖度が高く水分も多いため、真夏に食べるのに向いているという。

 「今年は春以降日照時間が長く、甘さ十分で出来が良い。ただ、雨が少ないのは今後の気掛かり」と同園の奥田敏司さん(49)。今後は露地物も加わり、九月下旬までに十二品種が順次、店頭に並ぶ。 

 (森耕一)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索