トップ > 三重 > 6月19日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

キャンドル1万本、吹き消し挑戦 亀山で“体当たりライター”ツマミさん

幻想的な雰囲気の会場でろうそくの火を1本ずつ吹き消していくツマミさん=亀山市栄町で

写真

 亀山市栄町のろうそく製造の老舗「カメヤマ」の亀山工場で十八日夜、女性フリーライターのツマミ具依(ぐい)さん(27)が自身の誕生一万日を記念し、ずらりと並ぶキャンドル一万本を一本ずつ吹き消すイベントが行われた。

 会場の工場には、家族や地域住民ら約百人が集まった。キャンドルにはオレンジ色の明かりが一本ずつともされ、幻想的な雰囲気に包まれた。ツマミさんは「絶対やり遂げます」とガッツポーズを見せて挑戦を始めた。

 この日、ツマミさんはちょうど誕生一万日。千本吹き消すごとに思い出を語り、自身の半生を振り返った。終盤は額に汗を浮かべ、息を切らしながらも約約三時間かけて宣言通りやり遂げた。酸欠に備え酸素ボンベを用意して臨んだ。

 企画は、主にインターネット上で“体当たりライター”として活躍するツマミさんが、会員制交流サイト(SNS)で発言したことがきっかけ。「誰もやったことがないことに挑戦し、新たな自分に生まれ変わりたい」と決意し、同社と一般社団法人「10000日記念日」が協力し実現した。

 二十七歳四ケ月半ほどで迎える誕生一万日。同社などによると、十〜二十代を中心に友人や恋人と祝う人が増えているという。

 (鈴鹿雄大)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索