トップ > 三重 > 5月20日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

全身泥だらけ!田んぼで代かき 明和・明星小生

全身泥だらけになって田んぼの代かきをする児童たち=明和町明星で

写真

 明和町明星小(明星)の五年生四十五人が十九日、近くの田んぼで、足で土を踏み砕く昔ながらの代かきを体験した。

 代かきは土をほぐして平面にならし、雑草を除く。環境保全活動の一環で児童の稲作を支援する地元団体「むらおこし・みょうじょう」の長岡宏副代表(62)から「代かきをすると苗を植えやすくなり、水持ちが良くなる」と説明を受けた。

 「ぷるぷる、にゅるにゅるしてる」などと歓声を上げ、走ったり歩いたりして雑草を踏み込んだ。慣れてくると田んぼの中に飛び込み、全身で泥の感触を楽しんだ。

 村田夏姫さん(10)は「最初はぬるぬるして気持ち悪かったけど、楽しかった」と話した。 

 (目黒広菜)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索