トップ > 三重 > 5月19日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

無免許、懲りずに30年 容疑の48歳女「10代から」

 無免許で軽乗用車を運転したとして、四日市北署は18日、道交法違反(無免許運転)の疑いで、川越町の無職の女(48)を逮捕した。女は「免許を取ったことがなく、10代から運転していた」と供述しており、署は約30年にわたって無免許運転を続けていたとみている。

 逮捕容疑では同日午前8時40分ごろ、同町高松の国道1号で、無免許で知人所有の軽乗用車を運転したとされる。署によると容疑を認めている。親類の女性をコンビニに送るために運転し、過去にも無免許運転で複数回にわたって摘発されていたという。約1時間前に近くの町道で自転車と衝突し、目撃情報から署員が周辺を捜索していた。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索