トップ > 三重 > 3月21日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

LINEで熊本応援 志摩の高校生、売り上げ寄付スタンプ

熊本地震被災地を支援するラインスタンプを制作した(左から)三橋さん、中井さん、福永さん=志摩市阿児町の代々木高志摩賢島本校で

写真

 昨年四月の熊本地震の被災地を支援しようと、志摩市阿児町の代々木高校のフリースクールに通う生徒三人が、無料通信アプリ「LINE(ライン)」のスタンプを作り、販売を始めた。志摩と熊本の共通点である真珠養殖にちなんで、真珠のキャラクターを描いた。

 制作したのは、二年の中井巧さんと三橋あすかさん、一年の福永耕平さん。被災地支援は授業の一環で、「スタンプの販売なら一過性にならない」と考えた。一セットのスタンプを百二十円で買ってもらうと、被災地に四十二円を贈ることができる。

 キャラクターは「真珠の妖精パールちゃん」。熊本も真珠養殖が盛んなため、キャラクターに採用した。真珠の母貝となるアコヤガイをイメージし、頭と胴体は貝殻、顔は真珠でできている。

 四十種類の絵柄には、あいさつや感謝を表現したもののほか「負けるな!」と被災地を励ますものもある。絵を描くことが趣味の中井さんが中心となり、話し合いながらスタンプに仕上げていった。

 中井さんは「長い時間が掛かったが、形になってうれしい。少しでも被災地の助けになれば幸せです」と話す。購入したい人は、ラインのアプリ内にあるスタンプショップで。「真珠の妖精パールちゃん」と検索する。

 (安永陽祐)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索