トップ > 三重 > 3月21日の記事一覧 > 記事

ここから本文

三重

子どもたちが仕事体験 桑名でイベント

鋳物工の仕事を体験する子どもたち=桑名市和泉の伊藤鉉鋳工所で

写真

 仕事体験を通して子どもたちに地元の良さを知ってもらうイベント「三重ジョブキッズキャラバンin桑名」が二十日、桑名市内で開かれた。

 三十二のプログラムが用意され、県内外の小中学生五百人が参加。伝統産業や最先端の技術、専門的な職業にふれた。メイン会場のくわなメディアライヴ(中央町)には警察や病院、銀行などのブースが並んだ。市内の各事業所でも子どもたちを受け入れ、地場産業の「くわな鋳物」や土産品の製造過程などを紹介した。

 津市北立誠小学校二年の世古渚さんと谷口詩弥さんはコーヒーショップの仕事を体験。「コーヒーの量を上手に入れるのが大変だった。『かわいい』『ありがとう』と言われたのがうれしくて、もっと配りたかった」と話した。

 イベントは二〇一五年十一月から県が主催し、昨年十二月に亀山市で開かれた「特別編」を含めて六回目となった。

 (芝野享平)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索