トップ > 暮らし・健康 > ハローペット一覧 > 記事

ここから本文

ハローペット

桑原奈津子さんとキップル、クロ、小鉄 幸せが香り立つ3匹の良い関係

桑原奈津子さんとキップル(右)、小鉄。「キップルはパンが好きですが、小鉄はパンより、かつお節ですね」=東京都内で

写真

★犬(メス 10歳) 猫(メス 8歳、オス 4歳)

 料理研究家桑原奈津子さんのキッチン&ダイニングは、古い住宅をリフォームしたおしゃれな空間。そのフロアに心地よさそうな大きなクッションが三つ。愛犬「キップル」、愛猫「クロ」「小鉄」のお気に入りの場所だ。

 取材の日は“超人見知り”のクロは姿を現さず、クッションが一つ空席。だがキップルと小鉄は、この部屋でのんびり。キップルが穏やかな性格で猫好きなこともあり、ふだんは猫たちと平和に過ごしているという。

 三匹はみな保護した犬猫で、最初に迎えたのはキップル。「いつでも里親募集中」というサイトで出会った。

 「実家にも犬がいて、独立後も動物と暮らすのが夢でした。この家に住むのをきっかけに飼うことにしました。昔、母が、保健所から犬を引き取ることもできると言っていたのを思いだし、保護犬を探して見つけたのがキップル。宇宙人のような不思議な表情の子犬で、夫も私も気に入ってしまったんです」

 キップルは沖縄生まれの保護犬で、素朴ながら独特な雰囲気が魅力。名前はファンだったアーティストのアルバムタイトルからもらった。

 キップルとの一日三回の散歩は楽しい時間となった。桑原さんの焼いたパンが大好きで、少しだけもらおうと、お行儀よく待つ姿が愛らしい。やがて桑原さんの朝食とキップルの写真をまとめたレシピ付きの本「パンといっぴき」にも登場し、人気となった。

 「保護犬を知ってもらうきっかけになって良かったと思いました」

 数年後、庭に一匹の若いノラ猫がよく来るようになった。寒い冬を外で過ごすのが心配で保護。名前は「クロ」。だが、とても警戒心が強く、触れるようになるまで四カ月半かかった。

 「私には甘えるようになっても、夫は近づくだけで逃げられる。それでも夫は猫が好きなので、子猫をもらって育ててみたらどうかと。オスのほうが人懐こく育ってくれるのではと選んだのが、小鉄です」

 漫画「じゃりン子チエ」に登場する猫から命名した小鉄は期待通り、性格も体格も堂々とした猫に成長。夫にとって初めて抱っこできる猫になった。

 「小鉄はキップルとクロの両方とよくコミュニケーションをとるので、三匹の関係というか、距離感がほどよくなりましたね。私の気持ちも、以前はキップル一匹への愛情が強すぎたんですが、今は三匹それぞれがかわいく、とてもバランスが良くなったと思います」

 三匹の存在が、桑原さんの食卓をより幸せにしてくれるようだ。

 (文・宮晶子、写真・圷真一)

<くわはら・なつこ> 料理研究家。1972年生まれ。広島市出身。カフェのベーカリーや製粉会社の開発室を経て、独立。雑誌や書籍でのレシピ紹介を中心に活動。近著に「キップルとおやつパン パンで作るかんたんスイーツ」(白泉社)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索