トップ > 暮らし・健康 > 暮らし一覧 > 記事

ここから本文

暮らし

<すくすくねっと> あまのじゃくの小1

 「あまのじゃくの小1」(8月10日付)でお悩みの方に。

◆こうしたら!

 もしかしたら友達に同じようなことをされているのかも。素直なことを言わないときは、責めずに「気分が乗ってきたら行こうね」と声を掛けてみては。根気がいりますが、しばらくすれば落ち着くかと。(岐阜県各務原市、50歳)

       ◇

 あまのじゃくではなく「行きたい」というプラスの気持ちと、「慣れない場所で不安」「準備が面倒」などマイナスの気持ちの両方があり、いざ出発となるとマイナス面を強く意識して不安になるのでは。不安要素が何なのかを丁寧にくみ取り、一つずつ取り除いていけば自然になくなると思います。(名古屋市東区、38歳)

       ◇

 お母さんとのコミュニケーションを楽しみたいと思っているのでは。意外なことを言って、お母さんに「どうしたの?」と言ってほしがっているような気がします。(名古屋市港区、45歳)

       ◇

 好きなテレビを見ているなど、理由があるなら「出掛ける十分前には声を掛ける」などルールを決めてみては。まだ細かいサポートが必要な年齢だと思います。(名古屋市緑区、62歳)

◆どうしたら?…おちんちんを触る

 一歳の男の孫がおむつを替えるときやお風呂に入るとき、おちんちんを触ります。母親である娘に「触ったときは『ダメ』と手をたたいて怒りなさい」と言いましたが、効き目がありません。触りすぎて赤くなっているときもあります。このままくせになるのではと心配です。(岐阜県、62歳)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索