トップ > 暮らし・健康 > 暮らし一覧 > 記事

ここから本文

暮らし

<つれあいにモノ申す>

 ●夫の辞書 「ありがとう」「ごめんなさい」「お願いします」。これらの言葉を夫から聞いたことは一度もない。そうか。九州男児の夫の辞書には元々、この言葉がないんだな。(言わぬなら、必ず言わせてみたい・73歳)

 ●知らないのはあなただけ 「つれあいにモノ申す」に目を通しながら「水曜日の新聞はおもしろいなあ」と話す夫。「そうね」と涼しげに相づちを打つ私だが、本当は「あなたもそこに出ているのよ」と言いたいのをじっとこらえているのよ。(女優のような妻・51歳)

 ●それは困ります 私は太め。夫はやせ形です。「私があなたの介護をするのはいいけど、あなたが私を介護するとなれば大変ね。やせるから待っててね」と話すと、夫は「その前に俺が逝ってしまう」。(それは困ります・65歳)

 ●効果なし 孫娘用に夫がバランスボールを買ってきた。使わないので私の部屋に。「効果が出んなあ」と夫。そりゃそうですよ。テレビを見るときに寄り掛かっているだけだから。(運動しよう・69歳)

 ●蚊は味方? 腕をピシャンピシャンとたたいてブツブツ言っている夫。「どうしたの」と聞くと「三カ所も蚊に刺された」「この前も窓が開いていた」とまるで私のせいのように言う。ひょっとして蚊は私の味方なのかな?(多分、違うけどね・65歳)

◆感謝編

 ●頑張ったからこそ 代わり映えしない夕食をいつもおいしいと言って食べてくれる夫。おいしく感じるのは、夫が一日頑張って働いてきてくれたからこそ。いつも本当にありがとう。(料理もっと頑張ります・45歳)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索