トップ > 暮らし・健康 > 暮らし一覧 > 記事

ここから本文

暮らし

ロシア料理作ってW杯応援

ピロシキ(左)とビーツの冷たいポタージュ

写真

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会が、十四日に開幕する。ロシア料理を家庭で作り、テレビ観戦しながら食べるのも楽しそうだ。東京ガス「食」情報センター主幹の杉山智美さんに、日本でもおなじみのピロシキと、ビーツの冷たいポタージュの作り方を聞いた。

 ピロシキは、普通のパン生地で作ると発酵の手間が掛かるため、ホットケーキミックスを活用。杉山さんは「簡単なので、お子さんと一緒に作るのも楽しいですよ」と勧める。

 ビーツ(ビート)は赤カブのような野菜で、ホウレンソウの仲間。鮮やかな赤色が特徴でロシア風スープのボルシチにも使われる。今回は缶詰を使った。

 (竹上順子)

◆ビーツの冷たいポタージュ

【材料】4人分

ビーツ(缶詰) 1缶(400グラム)

タマネギ 1個(200グラム)

ジャガイモ 2個(200グラム)

バター 10グラム

水(ビーツの缶汁と合わせて) 300ミリリットル

チキンコンソメ 1個

牛乳 200ミリリットル

サワークリーム 100グラム

塩・こしょう 少々

ゆで卵 1個

ディル 適量

【作り方】

 <1>ビーツは実と汁に分ける。実は厚さ約5ミリのいちょう切りまたは半月切り、タマネギは薄切りに。ジャガイモは皮をむき、厚さ2、3ミリのいちょう切りまたは半月切りにする。

 <2>鍋にバターを入れて温め、タマネギを弱火で炒め、しんなりしたらジャガイモを加え、焦がさないようにじっくり炒める。

 <3>(2)にビーツの実と水、チキンコンソメを入れ火を強め、沸騰したら中弱火で煮込む。15分ほどして野菜が軟らかくなったら火を止めてボウルに移し、氷水に当てて粗熱を取る。

 <4>(3)をミキサーにかける。野菜がつぶれて滑らかになったら牛乳、サワークリームを加えてさらにかくはんし、ボウルに戻して塩・こしょうで味を調え、冷蔵庫などで十分に冷やす。

 <5>(4)を器に入れ、角切りにしたゆで卵とディルを飾る。

◆ピロシキ 

【材料】4個分

春雨 6グラム

薄力粉 75グラム

ホットケーキミックス 75グラム

牛乳 75ミリリットル

溶かしバター 小さじ2

サラダ油 小さじ1/2

タマネギ(みじん切り) 1/4個分

牛豚合いびき肉 50グラム

ウスターソース 小さじ1/2

砂糖 小さじ1/4

塩・こしょう 少々

写真

【作り方】

 <1>春雨を水で戻し、長さ1センチに切っておく。

 <2>ボウルに薄力粉、ホットケーキミックス、牛乳を入れて手で混ぜる。バターを加えて滑らかになるまでこねる。4等分して丸め、ぬれ布巾を掛けておく。

 <3>フライパンにサラダ油を入れて温め、タマネギを炒める。透き通ったらひき肉を加え、火が通ったら(1)を加えて少し炒め、ウスターソース、砂糖を加える。塩・こしょうで味を調えて火を止める。粗熱が取れたら4等分する。

 <4>小麦粉・水各小さじ1(分量外)を混ぜて「のり」を作る。(2)の生地を円形につぶし、中央が厚めになるよう周りを指で延ばす=写真(上)。直径10センチほどになったら周囲にのりを塗る。中央に(3)を載せて包み=同(中)、しっかりととじる。揚げたときに口が開かないよう両端を畳み込み、形を整える=同(下)。

 <5>油(分量外)を170度に熱し、(4)のとじ目を下にして入れ、小麦色になるまで揚げる。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索