トップ > 暮らし・健康 > 暮らし一覧 > 記事

ここから本文

暮らし

「フィッシング詐欺」の疑いあるメール対策は?

 有名企業の偽サイトに誘導し、個人情報を取得しようとする「フィッシング詐欺」と思われるメールが、多い日で一日に十通は来ます。「あなたのApple IDのセキュリティ質問を再設定してください」など、巧妙な文面です。送り先のアドレスを迷惑メールに登録しても、また別のアドレスから届きます。身に覚えのないメールは開きませんが、必要なものを削除している恐れもあります。どう対策すればいいでしょうか。=愛知県、男性(49)

 【係から】フィッシング対策協議会(東京)によると、偽装サイトに誘導する目的のメールを止めることは難しいです。今後も増えていく恐れがあるので、メールアドレスを変更することが確実です。ただ、難しい場合は、一通ずつ確認し、必要なメールをより分けるしかありません。

 こうしたメールは文章のたどたどしさなど、おかしな所があることが多いです。本文をネットで検索してみるのも手です。判断できない場合は、協議会ホームページから問い合わせのメールアドレスに文面を添付して送ってください。内容を確認し、回答します。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索