トップ > 暮らし・健康 > 暮らし一覧 > 記事

ここから本文

暮らし

<ねえねえちょっと> 野焼きやめてくれない

 「野焼きやめてくれない」の「困ってる人」さん(九日付)へ。

 草刈りの手間を省くためとはいえ生ごみまで燃やすのは明らかにルール違反で、火事を心配するのは当然です。町内会長を通じて、強く注意してもらいましょう。それでもだめなら、行政に訴えるしかありません。=富山・稲っち(49)

    ◇  ◇

 うちも以前、家の裏の事務所の人が大量の紙類を毎日ドラム缶で焼いて困った経験があります。市役所の環境課に相談して、そちらから話してもらったところピタッとやめてくれました。その後、別の家の人が野焼きをして洗濯物に臭いやすすがついて困ったので、その家に「やめてほしい」と書いたメモをポストに入れた上で、また環境課に相談しました。役所の職員が出向いて指導した結果、やめてくれました。第三者を通した方が角も立たず安全だと思います。匿名でもいいので、まずは役所に相談されてはどうですか。=愛知・ちかよん(46)

    ◇  ◇

 ごみを燃やすと出るダイオキシンが問題になる中で、生ごみまで燃やすのは信じられないことです。役所に注意してもらってください。法律でも、簡易焼却炉でごみを燃やすことは原則禁止されています。=愛知・パンジー(61)

◆仕事持ち帰ると怒る妻

 自宅で仕事をすると怒る妻に困惑しています。例えば、会社で終わらなかった仕事を片付けるため、休日に自宅でパソコンを開いていると「子どもがいるんだから、もう少し効率的に仕事をして」などと嫌みを言われます。平日に持ち帰りの仕事をしているときに、「お湯がぬるくなるから、早くお風呂に入って」などとせかされることも。共働きの妻と家事を平等に負担するため、休日は料理や洗濯もしているのですが。妻に仕事への理解を求めるにはどうしたらいいでしょうか。=三重・シュワルツェネッガー(36)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索