トップ > 暮らし・健康 > 暮らし一覧 > 記事

ここから本文

暮らし

<すくすくねっと> 昼寝が遅く夜寝ない

 「昼寝が遅く夜寝ない」(3月24日付)でお悩みの方に。

◆こうしたら

 二歳半の子どもがいて、同じように午前零時ごろまで起きていました。そこで朝は午前七時に起床、同九時から公園や児童館へ行き、正午に昼食。食べ終えると昼寝を繰り返しました。午後二時になっても眠らなければ、昼寝なし。昼寝をしなかったせいで眠たそうでも寝させません。すると就寝が早まります。二週間くらい続けると、生活サイクルが身に付くようで、今は寝かしつけを始めてから十分ほどで眠ります。 (愛知県豊川市、27歳)

       ◇

 二歳をすぎると体力がつき、早起きをしたり、公園などで体を動かしたりしても、寝付けないことが多いです。週の半分くらい預かって面倒を見ている二歳の孫がそうで、私はまず大きな人形三つを布団の中にあおむけに置いて「環境づくり」をします。次に「眠たくなる雰囲気づくり」。孫が布団に入ると絵本の読み聞かせをするのですが、ゆっくりと眠たそうな感じで読みます。「お利口にねんねしようね」などと声を掛け、寝ようとする気持ちを育てることも心掛けています。「ねんねしないと、おばけが出る」など否定的な言い方は逆効果だと思います。 (名古屋市緑区、60歳)

◆どうしたら…スーパーでねだる娘

 もうすぐ三歳になる娘はスーパーに行くたびにお菓子をねだります。ぐずられるので「一個だけだからね」と買い与えてしまいます。「そう高いものではないし、いいかな」と思いつつ、教育上望ましくないのではとも。皆さんどうしていますか。(愛知県、34歳)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索