トップ > 暮らし・健康 > 暮らし一覧 > 記事

ここから本文

暮らし

御朱印帳の処分に困る

 両親が集めていた御朱印帳の処分に困っています。父が十年前、母が一昨年に亡くなり、母の葬儀の際に棺おけに入れようとしたら、葬儀業者に「煙がたくさん出るので一冊まで」と言われました。まだ五、六冊残っていますが、どのように扱えばいいのでしょうか?=三重県、女性(71)

 【係から】全国の神社を統括する神社本庁(東京)によると、寺社参拝の証しにいただく御朱印の処分方法に「正式な作法はない」とのこと。棺おけに入れるのも一つの方法ですが、何かの事情で処分する場合は「近くの神社でお焚(た)きあげに出すのが良いのでは」と勧めています。

 寺院も同様で、天台宗の比叡山延暦寺は「基本は棺おけに入れることを勧めています」としたうえで、お焚きあげでの処分を提案しています。

 御朱印帳に神社と寺院の御朱印が交ざっていたり、宗派が違っていたりしても、ほとんどの寺社で問題ないそうです。ただ、寺社によっては引き受けてもらえなかったり、焼却設備がなくお焚きあげをしていなかったりするので、事前に確認してください。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索