トップ > 暮らし・健康 > 暮らし一覧 > 記事

ここから本文

暮らし

定年後も活躍の場、80歳まで雇用 愛知・豊田のパン工場

パンの重さをチェックする安藤幸夫さん=愛知県豊田市で

写真

 愛知県豊田市のパン製造業者が希望者全員を原則、80歳まで雇用する取り組みを導入している。人手不足解消で始めた苦肉の策だが、熟練の技が品質に生きている。従業員も培った技を生かせ、充実した日々を送っているという。

 焼きたてのパンの香りが食欲をそそる。愛知県豊田市のキングパン協業組合の工場。ベルトコンベヤーを流れる乳白色の生地に厳しい視線を寄せる高齢者がいる。パン作り六十年のベテラン安藤幸夫さん(77)。形に問題はないか、重さは基準に合っているかを目視などでチェックする。

 定年後も働き続け、今も現役の安藤さんは充実した表情で話す。「パン作りに携われるのは、とてもやりがいがある」。勤務時間は午前四時半から午後一時半まで。フルタイムで朝も早いが、午後は自由になるから満足という。安藤さんは八十歳を見据え、「働き続けたい」と話す。

 同組合は、豊田市やその周辺市の小中学校などに給食用のパンや米飯を提供している。通常一日五万食を製造している。

 四年前、八十歳までパート雇用できるよう社内制度をつくった。きっかけは、新規募集しても人が集まらなかったためだ。経営者で代表理事の倉橋良幸さん(38)は「周りは自動車関連の工場が多い。景気が良いと人材を奪われてしまう」と語る。

 加えて、パン製造は熟練の技が欠かせない。気温や湿度は日々変化するため、パン生地をこねる機械の運転時間や速度に微妙な調整が要る。焼き上がりを同じ品質に保つためだが、簡単な技ではないという。

 倉橋さんも「一度働いた人には長く勤めてほしい」と呼び掛けた。結果、工場など製造部門で働く五十人のうち六十歳以上は二十二人と四割強を占める。

 企業が雇用すべき年齢は六十五歳。なぜ「八十歳」なのか。倉橋さんは「特別な理由はない」としたが、「八十歳というゴールを示すことで、働く人が『そこまで続けたい』と健康や食生活にこれまで以上に気をつけるようになった」と望外の効果に言及する。

 高齢者は早朝勤務を希望する傾向が強い。一方、パートの女性は朝の家事や育児を終えてからの勤務を望む。希望が集中しないため、結果として望んだ時間に働くことができる。注文が減り、働き手が少なくて済む学校の夏休み期間などは、長期休暇も取得しやすくなるという。

 別会社で定年を迎えてから働く高齢者もいる。工場でパンの箱詰めや検品を担当する河本光恵さん(63)もそんな一人。「急な用事で遅れたり、休んだりすることもあるが、事情をくんでくれる」と働きやすさを強調。また「若い人と一緒に働き、話すことはうれしい」と話す。

 こうした結果、新制度導入以降、辞めた高齢者はほとんどいない。倉橋さんは「希望の働き方ができれば、私生活も充実する。それが仕事の意欲向上につながっている」と好循環を生んでいると分析する。

 独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構(千葉市)の浅野浩美雇用推進・研究部長は「人材不足に悩む企業は多い。一方、シニア層の働く意欲は高い。労働時間、仕事内容、職場環境など工夫し、活躍の場を広げていくことが企業には求められる」と話す。

 (寺本康弘)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索