トップ > 特集・連載 > 核心 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

核心

責任能力判断が難題 座間9遺体起訴

写真

 神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件では、5カ月にわたる鑑定留置を経て、強盗強制性交殺人などの罪で白石隆浩被告(27)が起訴された。 公判では刑事責任能力の有無や程度が争点となる見通しで、裁判員は困難な判断を迫られる可能性がある。 (9月11日 紙面から)

 
 

この記事を印刷する

これは記事の前文です。中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで全文を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索