トップ > 石川 > 旧車deドライブ 日本自動車博物館 > 記事

ここから本文

旧車deドライブ 日本自動車博物館

飛行機造り転じ自動車ボディーを設計 スバル360 1965年式

写真

 「てんとう虫」という愛称で人々に親しまれたこのスバル360は、手頃な価格で、小型、高性能な車を普及促進させる通産省(現・経産省)の政策に呼応する形で、飛行機の技術者出身の多かった富士重工業が開発、販売した。ボディーは軽量化のために薄くした鉄板の強度を保つため、平面を少なくし、丸みを持たせたデザインで設計された。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索