トップ > 石川 > 虫めがね 県ふれあい昆虫館 > 記事

ここから本文

虫めがね 県ふれあい昆虫館

餌のニオイ

 昆虫館ではゲンゴロウやカマキリの「餌」として、大量のコオロギやショウジョウバエを飼育しています。飼育方法を試行錯誤しながら累代飼育を続けているのですが、ショウジョウバエの幼虫の飼育培地やコオロギの餌の「ニオイ」のことで昆虫館の職員から指摘を受けることがよくあります。私自身は感じないのですが、なかなかきついニオイだそうです。飼育法に加えニオイ対策にも試行錯誤して大変ですが、餌となるコオロギやハエがいないと肉食昆虫を一年中育てるのが難しいため、いい方法がないか日々頭を悩ませています。 (企画展示係・須田将崇)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索