トップ > 石川 > 虫めがね 県ふれあい昆虫館 > 記事

ここから本文

虫めがね 県ふれあい昆虫館

チョウを呼んでみよう その(1)

 沖縄県の街や学校では、オオゴマダラがたくさん舞うように食草のホウライカガミを育てています。兵庫県姫路市では、市チョウであるジャコウアゲハの食草であるウマノスズクサの自生地を殖やす活動がされています。本来、地域独自の植生を変えることは、生態系のバランスを崩しかねないため十分検討したうえで行われるべきです。しかし自然とふれあい理解を深めることも大切です。ただいきなり自然の中に身を置くというのは大変勇気のいることですから、生活圏でふれあえる自然として、チョウなどの昆虫が入門としていいと思います。 (企画展示係・吉田航)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索