トップ > 石川 > 虫めがね 県ふれあい昆虫館 > 記事

ここから本文

虫めがね 県ふれあい昆虫館

バッタを狩るクロアナバチ

写真

 クロアナバチは、ツユムシなど大型のバッタ類を捕まえる「狩り蜂」です。狩りは一瞬で、バッタを見つけると首筋を大アゴで押さえつけ、細くくびれた腰を大きく曲げ、胸の辺りを毒針で一突きします。このハチはバッタの中枢神経を正確に刺すことで、バッタを生きながらにして動けなくし、幼虫の食料にしています。 (学芸員・石川卓弥)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索