トップ > 石川 > 記者コラム:窓 > 記事

ここから本文

記者コラム 窓

スポーツ選手

 インドネシアで開かれたアジア大会で、銅メダルを獲得した女子ハンドボール日本代表の石立真悠子選手(31)=福井県スポーツ協会=が、小松市役所で成果を報告した。

 福井県出身で、強豪の小松市立高校OG。県外や海外でプレーを続けているが「ハンドボールの楽しさを高校時代に培い、小松のハンドボールに育ててもらった」と訪問の理由を語ってくれた。小松での日々が、世界での活躍につながっている。一市民としてうれしくなってしまった。

 小松市では東京五輪・パラリンピックに向けて六カ国の事前合宿が決まり、市は選手の支援などをする「スポーツ市民サポーター」育成にも力を入れる。ささいなことでも、一流選手の力になれるかもしれない機会は、ますます二〇二〇年を待ち遠しくさせるに違いない。 (竹内なぎ)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索