トップ > 石川 > 記者コラム:窓 > 記事

ここから本文

記者コラム 窓

迷い

 北陸先端科学技術大学院大(能美市)の最先端の研究は難解だ。成果を伝える際は分かりやすい記事を目指しているが、読者にそのスゴさが伝わっているのか心もとない。

 先日取材した「熱電材料」もその一つ。低温の熱を電気に変える材料で、発電所や工場で発生する膨大な廃熱の活用を狙う。地球温暖化の抑止にもつながる研究だが、話が大きすぎてピンとこない人も多いのではと思ってしまう。

 でも、こう聞くと身近に感じる。「将来的に、体温で充電できるスマートフォンを作れる可能性がある」。電池切れで救助を呼べない登山者はいなくなるかも。そう書こうか迷ったが、結局、やめた。

 掲載スペースの都合や記者の未熟さゆえに、伝えたいことを書き切れないことがある。そんな時は、うなりながら執筆している。 (吉野淳一)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索