トップ > 石川 > 記者コラム:窓 > 記事

ここから本文

記者コラム 窓

シーツ交換

 二十五年間、シーツ交換を続けてきた。中能登町のボランティア団体「ろくせい ひな菊の会」が、地元の介護老人施設「鹿寿苑」での地道な活動が認められ、十一月に厚生労働大臣表彰を受けた。

 住民五十七人でつくる同会は毎週一回、施設に通って入所者のベッド数十床のシーツや枕カバーを替えている。トラブルを避けるため部屋にある物の位置は変えない。個人情報は外に漏らさない。細かい配慮もしながら、こつこつ作業してきた。

 「職員の負担が減り、入所するお年寄りも精神的に良い影響を受けている」と歓迎する施設側に、梶井順子(よりこ)代表(73)は「できることをさせてもらっているだけ。元気なうちは続けたい」と話す。謙虚に目立たず、地域の福祉を支えている。

  (中川紘希)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索