トップ > 石川 > 記者コラム:窓 > 記事

ここから本文

記者コラム 窓

アートと出会い

 「アートか? 縁のないことや」。奥能登国際芸術祭の会場で、珠洲市飯田町の関原照思(てるお)さん(75)は、そう言いながらもにこにこ笑っていた。「普段は見かけない若い人が町を歩いている。良いことよね。アートは理解するのに時間がかかるけれど、楽しいわいね」

 関原さんは、金沢美術工芸大アートプロジェクトチーム「スズプロ」の展示会場の受付にサポーターとして座っていた。会場を回ると、受付では市職員のほか、当番制でボランティアをする地域の人たちに出会う。

 私も現代アートが好き。でも本当は、よく分からないまま見ていることも多い。珠洲には、作品づくりに関わった地元の人もいて、作品に込めた思いを詳しく説明してもらえることも。おしゃべりしながら、ぶらり一人旅も楽しい。 (督あかり)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索