トップ > 石川 > 記者コラム:窓 > 記事

ここから本文

記者コラム 窓

鳥インフル

 そんな愛情表現があるなんて。アジアには、鳥への愛ゆえに口移しで餌を与える人たちがいるらしい。愛情の深さに驚き、切なくなった。濃密な触れ合いのせいで、鳥インフルに感染した例があったと聞いたからだ。

 鳥インフルで思い出すのは十年前の宮崎県での殺処分。作業員が着た白一色の無機質な防護服が目に焼き付く。養鶏業者の苦境に心が痛んだが、病気の詳細は不勉強にも知らなかった。加賀市で感染した野鳥が見つかり、懸命に知識を蓄えている。

 人への感染はまれ。けれど海外には生きた鳥をさばいて感染し、死亡した例がある。最悪は人から人に流行する新型インフルエンザウイルスに突然変異することだ。県内での感染は野鳥だけ。まだ最悪を心配しなくていい。ただただ感染の収束を祈る日々が続く。 (福岡範行)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索